琉風の遊戯日記

お局様達のパワハラにあい限界を迎え、適応障害+ADHDと診断される。実家暮らしで月8万円で暮らすことを目標。

【1年間で10万貯金】ADHD女子/お金を貯めるために実践したこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:izayoi_namida:20200223005843j:image

こんにちは、
琉風(るか)です。(@rk_izayoi27)
 
私は、2018年にADHDと診断されている
実家暮らし女子です。
 
現在は、様々な事情で
パートタイマーの派遣社員として働いています」。
 
私はADHDと診断される前から
大学卒業して、ADHDと診断されるまで
約50万円貯金することができていました。
 
(すべて引越し代や
その他諸々引かれて
なくなってしまいましたが…)
 
2018年、ADHDと診断されて
約1年経ちましたが
なんとか10万円ほど貯金できました!
 
ADHDと診断される以前から
貯金をするために行ったことを
紹介していきます。
 
 

メインバンクとサブバンクと銀行口座を2つ作る。

メインバンクの口座(楽天銀行

f:id:izayoi_namida:20200223100105j:image
 
・毎月の給与の振込先
 
・月々のクレジットなどの支払い
 
・1ヶ月の生活費
 
自分のADHDの特性の一部なのか
お金があったら使ってしまうので
使わないお金はサブバンクに移します。
 
 
 
 
 

サブバンクの口座(ゆうちょ銀行)

f:id:izayoi_namida:20200223100130j:image
奨学金専用貯金口座
 
奨学金用のお金は給料日に
容赦無く振り込みます。
 
そのあとに
定期預金に積み立ててもらいます。
 
メインバンクで使う予定のない
お金はサブバンクに移しておきます。
 
自分のADHDの特性として
お金があったら使ってしまうので
サブバンクのゆうちょ銀行は
ネット通帳にしてません。
 

家計簿を3ヶ月つける。

①1ヶ月家計簿をつけて見て
どれくらい金額使っているか?を把握。
 
②どんなものに使っているかを把握。(家計の把握)
 
③①②をふまえてちょっと頑張れそうな
 目標を立てる。
 
家計簿をつける理由は
自分の目的や
夢を目に見える形にすることです。
 
夢がないと基本的に
ダラダラしちゃうな。っていうのは
本当だと思います。
 
 
 

固定費を定期的に見直す。

削れそうなところは
ガンガン削って固定費を下げます。
 
元々、固定費が
あまりなかったのですが
 
ミニマリズムを勉強してから
生かしきれてないなと思って
格安SIMに変えました。
 
 
 
 
 
 

定期預金で積み立てる準備をして『必ずたまる仕組み』をつくる。

私は奨学金と貯金したいお金は
定期預金で積み立てています。
 
給料をもらったら真っ先に
奨学金と貯金したい額を
定期預金に入れて
お金を積み立てています。
 
そうすると、いつのまにかたまる仕組みが
出来ているので
 
放っておいても
勝手に貯金が増えていきます。
 
忘れっぽい私もすごくありがたい
仕組みを
いつの間にか自分で作ってました。
(過去の自分ありがとう、よくやった)
 
決まった日に
お金を定期預金口座へ移してくれるので
手元にあるお金でいかに豊かな生活を
送ることができるかを考えることができます。
 
 

お金の勉強をする。

大学卒業してから
お金の勉強を全くしてないなぁ。と思い
 
時間がある時に
図書館に行って
月10冊節約の本を読みあさっていました。
 
私が最初に読んだ本は
横山光昭さんの
『年収250万円からの貯金生活』です。
 
 
マンガですごくわかりやすく
丁寧にまとまっていました。
 
主人公たちが貯金できる前の状態が
私が貯金できなかった時とかぶっていて
共感してしまいました。
 
 

まとめ:自分ができることから徐々にはじめてみる。

大学卒業から定期預金を始めて

それなりに貯金できていましたが

 

私の事情と

派遣先の関係上

短時間しか働けないので

収入が会社員時代より減ってしまいました。

 

でも、『自分が何に使っているか』を

家計簿につけることによって

 

『自分には何が欲しいのか、したいのか』を

改めて見直すことができました。

 

ミニマリズム』を学びはじめて

まだまだ、浅いですが

心の余裕ができてることを

少しずつ実感しています。

 

これからももっと

ミニマリズム』『お金の勉強』は

続けていきます。

 

では!(о´∀`о)